女性が憧れる花魁衣装の特徴や魅力を把握しよう

衣装や髪形にも注目~体験前に花魁衣装の特徴を知る~

女性が憧れる花魁衣装の特徴や魅力を把握しよう

スタジオ

花魁衣装の特徴について

江戸時代に吉原などで活躍した花魁の衣装は、豪華で派手な印象を持ち、絵踏衣装とも呼ばれています。床をするほどの長い丈を持ち、下半身が末広がりの「裾引き」、前や後ろの襟を大きく開いていること、絢爛豪華なまな板帯を前結びにすることが特徴的と言えます。男性客の目を引くための商売衣装であると同時に、若い女性にとってのファッションの憧れでもありました。豪華な部分を見せるなど自らを魅力的に見せることができた一方で、綺麗に歩くことは困難だったとされています。

花魁衣装を着用して散策しよう

着物のイメージが強い京都のスタジオでは、室内での花魁衣装の体験ができますが、一部は外出にも対応しています。長い裾と着付けの難しさから通常の着物とは異なることが欠点となり、散策できるところは限られているのが一般的です。スタジオ内もしくは庭での写真撮影が前提となっていますが、豪華な衣装で街並みを散策できることは、女性にとって大きな魅力と言えます。外での撮影はスタジオと違って、光により着物の色が違って見えるなど、体験者からは高い評判となっています。

洋髪アレンジとレトロなかつらの魅力を比較!

花魁衣装の洋髪アレンジ

花魁衣装などの着物を着るときの髪型については、特に決まっておらず、洋風にアレンジすることも可能です。花魁衣装のイメージに合う髪型は、まげを大きな蝶が止まっているように結い上げた形が特徴的です。カールアップした髪型にかんざしなどのアクセサリーを施すことで、派手さを強調すると同時に、自分らしさも強調できることが魅力的と言えます。

花魁衣装とレトロなかつら

花魁衣装など着物を着るときには、地毛ではなくかつらをつけることも可能であり、ヘアアレンジなどの時間を短縮することができます。衣装に合うかつらはスタジオ内でレンタルすることができ、自分にあったものを試着できます。かつらにあったメイクを施すことで、派手さと優雅さの強調が簡単にでき、別人の自分を表現できることが魅力的と言えます。

広告募集中