整形BEAUTY【目の下にできるクマは諦める必要なく治療へ】

顔の手入れ

目元の印象を変える

美容整形

顔立ちの印象を最も決定づける要素として目元があります。日本人の目元は西洋に比べ、細い傾向にあることからも昔から「デカ目コンプレックス」と呼ばれるものに悩まされる女性は多いのです。これは、西洋の人々のように大きくぱっちりとした目元に憧れることを指しており、一重である、細い目であるということをあまり好ましく思っていない感情を表した言葉ですが、パッチリとしている以外にも、大きくないことをコンプレックスと感じている女性は多いと言われています。

そうした悩みを解消する方法として用いられているのが目頭切開であり、これによって手軽に目元の印象を大きく変化させることができます。同時に二重整形も可能となる為、より魅力的な目元にできる方法として注目されているのです。その為、目頭切開と二重整形はセットで扱っているという美容外科も多くあります。その為、一重と小さい目、離れている目で悩んでいる女性にとっては非常に好ましい状況であると言えます。値段もリーズナブルであり、手軽に利用出来るというメリットがある為、広く普及しつつあるテクニックなのです。

目頭切開では主に涙丘と呼ばれる部分を露出させ、大きく魅力的な目元を演出します。この涙丘とは蒙古ひだで隠れやすい部分であり、いわゆるピンク色の部分を指しています。この部分を露出させるだけでも目元の印象は大きく変化し、離れている印象などを改善できるようになっているのです。目頭切開の為、目尻を伸ばすという事はありませんが、美容整形の中には目尻を伸ばし、切れ長の目を演出するという場合もあります。切れ長の目は目頭切開でも手軽に演出できる為、どちらにメスを入れるかは執刀医とよく相談し、じっくりと考えて決める必要があります。